読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまちゃんの日記

大企業病アラサー技術職による日々の記録。

液状化のメカニズム

地盤

液状化は、 砂質土、つまり、直径が0.075から2mm程度 の粒子を多く含む地盤で発生しやすく、また地震時の極めて短時間で発生することに大きな違いがあります。

 

土粒子の構成についてはこちらをご覧ください。

tamatamas.hatenablog.com

 

砂質土の場合、通常では粒同士が密着して、比較的強い地盤となっているのですが 、地震による振動が加わると、砂粒の間の地下水の水圧が上がり、その水圧を受け て砂粒同士が離れ、砂と水とが混じった、どろどろの状態になります。これを液状化といいます。その際、高い水圧の水は、地中に隙間や弱い部分があると、そこから砂と一緒に吹き出します。これを噴砂(ふんさ)といいます。

110311液状化

このような仕組みで液状化が発生します。

地震対策メソッド3.0 【地震補償付き住宅推進協議会】 「液状化」が3分でわかる!

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

やがて地震が収まると、水圧は元に戻りますが、砂粒のほうは、隙間が元の状態よりも減り、詰まった状態になりますので、 地震前よりも全体の体積は減少します。

 

したがって、液状化は、

  • 「あまり締まっていない砂質土の」
  • 「深さ15m~20m以内で」
  • 「地下水が表層近くまであり、飽和している場所で」
  • 地震の振動が強いほど、また、振動が長時間続くほど」

発生しやすいことになります。

このような状況で地震が起こった場合、海岸近くや埋立地は十分に注意しましょう。