たまちゃんの良かれと思って

大企業病の共働きワーママによる日々の記録。ただいま育休中。ジーナ式のネントレを実践してます。

出産しました。

ええと。初産らしく予定日を大幅に超過して出産しました。

9日も遅れたので、周囲からの「まだー?」というプレッシャーが辛かったです。

人が死ぬのも生まれるのも誰も分からんよ。

備忘録として、出産レポを残しておきます。

 

 

 

■しびれをきらして、ついに計画入院!41週0日

10:30 妊婦健診。内診するも子宮口2cm。内診グリグリにより、おしるし?がはじまる。午後から入院することに決定。

14:00 入院案内。何も処置せず。したことといえば、誘発分娩の同意書にサインしたことくらい。副作用に「吐き気」とありビビる。(嘔吐恐怖症)

 

 

■陣痛促進剤を投与するも、陣痛強まらずタイムオーバー。不甲斐ない41週1日

 

7:00 早めにシャワー

9:00 トイレ。いきめるうちに両方済ます。

9:30 内診、子宮口太い指一本。バルーン挿入と点滴の促進剤の投与が決定。早ければ今日中とのこと。期待する。

10:30 バルーン挿入。我慢できる程度の痛み。「痛いっ」って言っても「がんばれがんばれ」って言ってくれて耐えられる。この女医さん好き。

11:30 陣痛室に入り、促進剤点滴開始。10mlを投与し直後に10分間隔の陣痛が始まる。まだ深呼吸で全然耐えられる。

12:15 促進剤20mlに増量。一気に2分間隔になるも、痛みとお腹の張りはまだまだ足りない。深呼吸で痛みを逃せられるも頻回なので疲れる。促進剤が効きやすい体質の模様。ちなみに恐れていた副作用(吐き気)は特になし。

12:30 お昼ご飯の鴨南蛮うどんを陣痛の合間に完食。

13:00 旦那到着。いろいろとサポートしてもらう。ペットボトルのストローキャップの差し入れはまじで助かる。

15:00 ずっと2分間隔、変化なし。痛みの強さは若干強まった、かも。促進剤は継続的に投与できないそうなので、今日は中止し、明日への延長戦となりそう。虚無感に襲われる。

16:00 バルーン摘出。別の先生。これが痛い。「痛い」って言っても無視してガシガシ施術がつづく。子宮口はお世辞で4cm。この先生のことを嫌いになる。

16:15 促進剤中止。陣痛が30分くらいかけてじわじわと収まる。また明日、同じことの繰り返しか。。。と思うと、今日中に産めなかったことが不甲斐なく思えて涙が出てくる。予定日超過してるとやはり焦る。助産師さんは、明日に向けて確実に前進してるから、大丈夫大丈夫!今日は無駄なんかじゃないよ、と励ましてくれた。この助産師さん(伊藤さん)を好きになる。

18:00 夕食、かじきの照り焼き。美味しい。今日のご褒美として売店で買ってきたピノを旦那と半分こ。幸せ。

19:30 病室の乾燥がスゴくて濡れタオルを頭上に干す。喉に違和感があるので龍角散でごまかす。妊婦は喉スプレーを使えない。そして疲れてたので早めの就寝。

 

 

■いよいよ!!!息子とのご対面。41週2日、息子誕生。

4:00 腹部に鈍痛を感じる。もしやと思い陣痛アプリを開いて確認すると、10分間隔。念のためトイレに行き両方済ましておく。

5:00 陣痛気付いたら4,5分間隔に。深呼吸で耐えられるも大部屋在室につき申し訳なくなり、ナースステーションに報告。昨日の伊藤さんが夜勤で入っておりホッとする。

5:10 伊藤さんに連れられて陣痛室に移動する。バルーン🎈及び促進剤を使わなくて済みそうとなり、ホッとする。昨日と違って陣痛間隔に余裕があるので、陣痛の合間に寝る。そして陣痛で起こされるのを繰り返す。

7:30 旦那に出動要請。LINEを打つのも辛くなって、「きて」としか送れない。とはいえ、まだ深呼吸で耐えられる。

8:00 まだ4,5分間隔。旦那到着。息を吐くときに自然に「う~」っと声が出てくる。本当は「あ~」って言いたいけど喉が痛くて唸るような声で恥ずかしい。朝ごはんが出されるもほとんど食べれず、ウィダーインゼリーでしのぐ。

9:00 一旦分娩室に移動して内診。昨日のバルーン入れてくれた大好きな女医さん。子宮口6センチ。今日中には産まれそうかもと。やった、いい肉の日だ。

9:30 痛みの間隔が3分間くらいに。痛みの強さは変わらず、抱き枕(旦那が丸めた布団)効果で陣痛の合間に寝る。気付いたら伊藤さんが退勤してる。悲しい。別の新しい助産師さんに、「いきみたくなったり、何かお尻から出そうな感じがあったらすぐ言ってね~っ」と言われるも、まだそこまでの痛みじゃなくて、絶望感を覚える。

10:00 例の大好きな女医さんに寝てるのがバレて、促進剤の投与が確定する。「寝れてるうちは産まれないよ」と。確かにそうなんだけどこの人は悪魔かと思う。投与開始直後、痛みが強くなる。腰よりも下腹部。16tダンプトラックでゆーっくりと轢かれているような感じ。轢かれたことないけど。

11:00 陣痛間隔2分くらい。投与量を20mlまで増やす。急に痛みが強くなり、唸り声だけでは耐えられなくなってくる。旦那に、波が来たら腰を丸くさすってもらい、波が引いたら手を当てるだけにしてもらったところ、温まるおかげで痛みがいくらか和らぐ。以降、会話は「腰」「お茶」「リップ」くらいに。この頃、陣痛の波がくると手すりを叩き出す。自分が何者かに乗っ取られたかのように、制御不能になる。

11:10 いくら待てども、陣痛の波が引かない。おかしい。なんでだ。しかも猛烈に何かが出て来てしまいそうな感覚になる。まだ力んじゃダメと言われても、深呼吸も上手くできず、勝手に力んでしまう。いきみのがしの呼吸法を練習しておけば良かったと全力で後悔する。なんだよ、ひっひーふーウンって。ウンってどうやるんだよ。吸うの?吐くの?このタイミングで助産師さんに対してタメ口になり、態度がすこぶる悪くなる。

11:25 大好きだった女医さんによる内診。なんと子宮口全開の模様。分娩室までは10mくらいの距離。陣痛の合間にスタスタと大慌てで移動。急すぎて分娩台の準備ができていない。二台ある分娩台のうちのどちらに向かっていいか分からず、「ねぇどっち!どっち!」と助産師さんにキレる。右の分娩台とわかった瞬間に上りこもうとするも、まだシートなどの準備が出来ておらず降ろされる。たぶん目付きが相当悪かったと思う。

11:30 分娩台に乗る。この姿勢で陣痛がくると地獄。なんかもうわけわからず叫んでいた気がする。

11:38 人工的に破水。お漏らししたような感覚で生暖かい。このときは波が引いてたので「うわぁ~あったかぁい」と言う余裕がある。陣痛の波がきて耐えていると、もういきんでいいよと聞こえて全力でいきむ。女医さんに「上手い上手い、早いね」とか言われて調子に乗る。

11:41 2,3回のいきみで赤ちゃん娩出。「髪の毛見えたよ~」が聞こえたのでえいやと思い一気に踏ん張って出してしまった。おぎゃあおぎゃあの泣き声が聞こえて放心状態。感動というより、終わったという開放感が半端ない。そういえば、おまたが痛い気がする。旦那から聞いた後日談では、頭が出たときにはもう泣いてたらしい。息子よ、私に似てせっかちかよ。

11:45 胎盤排出、なんかぬめっとしたものが出た気がする。その後おまたに麻酔をして裂けてしまったところを塗ってもらう。チクチクするけど、陣痛に比べたら何とも思わない。先生、どうか綺麗に塗ってくれ。私は痛みに関する最強の比較対象物を手に入れてしまったようだ。それにしてもチクチクが終わらない。相当裂けてしまったのか心配だったが、どうやらお尻までは至ってないらしい。安心。(しかし後日のお通じが怖くてたまらなくなる)

11:50 赤ちゃんの処置が終わり撮影可能に。たまらなくかわいい。だけど本当に私のおまたから出て来たのか実感がわかない。

12:30 分娩台の上でしばらく休憩。たのしみにしてた昼食のカレーを旦那に食べさせてもらう。産まれたての我が子を横目に、分娩台の上でカレーを食べるなんて経験はなかなかできないだろう。美味しかった。

13:00 旦那が家族に連絡をいれてくれていた。母からのLINEを見て急に実感が湧き涙がでてきた。お母さん、私、お母さんになったよ。ちなみに、母が私を産んでくれたところと同じ病院で私も出産した。

13:15 分娩台の上ではじめてのおっぱい。とりあえず口元に押し付けるも爆睡される。幸先不安。

14:00 車イスで大部屋に戻る。円座クッション神。こりゃ予め買っておけばよかったと反省。

16:00 最初のお手洗いに行こうと思いナースコール。立ち上がって歩こうとすると耳がキーンとなり聞こえなくなる。お酒に酔ったみたい~と思ったら、気がついたら旦那に抱えられてベットに横たわろうとしていた。生まれて初めてブラックアウトした。痙攣もしていたらしい。どうやら脳貧血とのこと。分娩時の出血量は普通程度だったが、産後も油断ならないことを痛感した。。

 

 

 

■出産を振り返って。

 

 

「もうやだ」とか「むり」とかの弱音は絶対に吐かないと、旦那に宣言してたものの、つい一回「もうイヤ」と言ってしまったことがバレてた。

もうね、自分のコントロールができませんから。仕方ないです。笑