たまちゃんの良かれと思って

大企業病の共働きワーママによる日々の記録。ただいま育休中。ジーナ式のネントレを実践してます。

実践!ジーナ式4-6週目

2-4週目のスケジュールからの大きな変更点は、朝寝後の授乳時刻を30分遅らせることと、夕寝時間の減少です。これまでは1時間ほど取れていた夕寝を、15分減らして45分間になります。

 

相変わらず実際の月齢とは合わず、このスケジュールになったのは生後2カ月の10週、11週(生後11、12週目)でした。

 

実は、月齢に則ってむりやり4-6Wのスケジュールを3日間ほど進めてみたところ、超不機嫌で夜も寝ず、グダグダになってしまいました。

なので、息子のペースに合わせ、2-4Wに逆戻りをしていました。

 

 

 

◆前回の悩み

前回のスケジュール実践編はこちらをご覧ください。

tamatamas.hatenablog.com

 

 

>・朝寝のスタートが、どんなに頑張っても8:45~となってしまうことです。本来は9時なのですが、眠くて眠くて仕方ない様子。。。

 

あきらめました。眠そうなサインが見えたらおくるみを巻いて寝かせてます。

ちなみに、わが子の眠そうなサインは、

  • あくび
  • 手が暖かくなる
  • 顔をこする
  • グズグズと泣き出す

 

です。泣き出したらおくるみを巻けば泣き止んでくれていました。とても楽でした。

 

>・朝寝と夕寝で推奨されている半ぐるみ。(p167)絶対無理!一度片腕だけ出す半々ぐるみを試したものの、すぐ起きてしまいました。朝寝が崩れると一日が崩れるので、夕寝だけチャレンジを繰り返すも、結果実らず。

 

もう、こればっかりは成長を待つしかないと思い諦めました。。。

寝むれなくなった後の精神的ダメージが強いので、お昼寝もすべて全ぐるみ。これは生後3カ月手前まで続きました。

 

 

 

◆4-6Wの雑感

・順調な授乳

ジーナ本P.82のミルクの授乳例を参考に、午前中の2回と就寝前にがっつりと飲ませるように心がけていました。

体重に対して必要な授乳量を超える量を与えていたので、2700gと小ぶりに生まれた我が子が成長曲線の真ん中を超えるほどぐんぐん太っていきました。

また、22時30分の授乳は、実母に交代し、搾乳したてのお乳を哺乳瓶で授乳してもらいました。

 

f:id:tamatamas:20180316135117p:plain

 

・抱っこゆらゆらで安定してきてしまった寝かしつけ

この時期も、特に変わらず、抱っこゆらゆらが基本でした。

ジーナ本には「うとうとしたらベットインしましょう」とありますが、おくるみを巻いて放っておいてもうとうとしません。そのため、抱っこゆらゆらを10分ほど続けて、まぶたが閉じるか閉じないかの瀬戸際でベットインをしていました。

完全に寝落ちをした状態でのベットインではないものの、置いた瞬間に寝ていたので、見極めが難しかったです。

 

また、活動限界が二時間もないようなので、起きてから1時間半ほど経過したときにおむつを交換し、おくるみを巻いて寝室に連れていき、抱っこトントンをしてうとうとさせていました。

 

・新生児期の方が楽だった!?夜間の頻回ギャン泣き

 

なんと夜間授乳が増えてしまいました・・・。これは辛かった。23時睡眠→3時授乳→5時に授乳→7時起床。

あれ、、新生児のときのほうが楽だったな・・・。とくに11週目。安定していた19時寝も崩れることが多くなり、これが噂のメンタルリープか?と思いました。

 

ジーナ本p.275にある通り、寝室は真っ暗、昼寝などから目を覚ました後もしばらくベットに寝かせていますが、それでもだめ。

夜間に2回授乳すると、朝の飲みっぷりが悪くなることが多かったので、二回目の夜間授乳をせずおしゃぶりでしのぐようにしました。

 

 

◆悩み

・(継続)朝寝と夕寝で推奨されている半ぐるみ。(p167

諦めて全ぐるみに。全ぐるみは生後三か月まで続きました。

 

 

 

・今回の変更点である、10時から10時半までの30分間がもたない。

ずっとギャン泣きでした。きっとおなかが減っているのだと思います。

本来はお着替え・保湿クリームの時間ですが、あまりに泣くので10時15分くらいから授乳を始めてしまうこともしばしば。